petit log

水彩スケッチと金魚飼育ときどきパッチワーク

petit log

掃除しました

f:id:petit3:20180805130753j:plain

最近の3匹です。久々に少し力を入れて掃除しました。
掃除後なので少し飼育水は濁っていますが、3匹とも元気に泳いでいます。

金魚飼育をはじめて3年目。
バクテリアの状態が良いようで、最近はフンなどが粉々の泥状に分解されています。
飼育水もうっすら青水で、ガラス面に緑の苔がつくこともあり金魚のフンも緑色です。

1年目に思い切って45cm水槽に買い替えて正解でした。管理がしやすいです。
本当は60cm規格水槽が理想なのですが、熟慮の末水槽は45cmハイタイプで金魚の数は少な目で飼っています。

エサは飼い始めた当初は気合を入れて咲ひかり金魚を与えていましたが、徐々にシフトしていき安くて良いエサ、アイドルなどを使うようになってからエサの管理もしやすくなりました。

もうひとつのエサ、赤虫は飼い主が休日で比較的時間がある日に与えています。
ホームセンターやペットショップ観賞魚店どこへ行っても売っているクリーン赤虫を年間1シートほど消費しています。2年目に3シート買い、余り過ぎた経験から今年は減らしました。赤虫は春から夏、気温が上がった頃に使い切り、他の季節は人工餌を与えています。量は1回につき1ブロック3匹に分け与えています。

水槽真ん中にある流木に活着させたアヌビアス・ナナですが、新芽が出てきています。
金魚水槽では水草は消え物だと考えた方がいいようで、飼い始めから残っていたアヌビアスナナ・プチ(茶色の石に活着)も金魚につつかれて、今夏もはやなくなったも同然の状態になりました。

金魚のサイズは3匹とも大きくなっておらず…腕と先天的なものを感じています。
飼い主としてはもう少し大きくなってほしかったものの、大きくするために与えるエサの塩梅が今ひとつつかめず…。ともかく元気であればいいかなと今は思いながら飼っています。