読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

petit log

金魚飼育とパッチワーク作り、水彩スケッチ

petit log

消化不良、その後

消化不良でバケツ生活をしていた金魚のだるまですが、

f:id:petit3:20161120152539j:plain

11月半ばには、底砂をついばみ水槽の中を元気に泳ぐようになりました。

日をさかのぼり、ひと月前の10月半ば。
だるまはエサを食べてもフンが全く出ず水槽の底で動かなくなっていました。
すぐに0.5%塩水浴に漬けると泳ぎだしましたが、フンが出ません。

様子を見て、腸にたまった宿便が出るまで塩水浴のまま絶食することにしました。
絶食の効果については文章でたくさん目にしていたのですが、
試したところセオリー通りに宿便が出ました。

3日間絶食した翌日に食べたエサのフンはよく消化されて良い状態のものでした。
絶食をしたことで腸を休めることができ、消化機能が回復したのではないかと思います。
その後は少しずつエサを与え、フンを確認しながら長めにひと月弱塩水浴を続けました。

11月半ばには水槽に戻し、様子を見ながらエサを少しずつ与えています。
あまり調子の良くない日、水温が大幅に下がった朝はエサを控えるなどして、
水槽に戻ってもフンをそれなりに出して元気に泳ぐようになりました。

f:id:petit3:20161120152600j:plain

現在の水槽の様子。
フィルターやガラスがコケで覆われ、マツモが散らかっています。
一番小さな金魚のつくもがコケを食べるので、おやつ代わりにコケを残しています。

金魚たちは気温が下がるにつれ底でじっとして休むことが増えてきました。
冬眠もまもなくのようです。 

今回の症状:フンが出ない(消化不良)
発見から治療開始まで:数ヶ月
治療方法:絶食(3~5日間)、0.5%塩水浴(1ヶ月)
治療開始から完治まで:約1ヶ月
考えられる原因:春夏にエサを与え過ぎた

特徴:数ヶ月かけて徐々にフンが出なくなった。
   フンが出なくなるも食欲は旺盛でエサをほしがる。
   人工飼料を食べてもフンが出ない。水草など生餌はフンが出る。