petit log

水彩スケッチと金魚飼育ときどきパッチワーク

petit log

読書の秋

春と秋は、飲み物と本を持ってベランダに出ます。ベランダからは緑が見えてちょっとした森林浴になりそれが気に入っています。 先日読んで良かったのが、『ツバキ文具店』。手紙好きにはたまらないストーリーで、代筆屋であるツバキ文具店の店主、鳩子が織り…

季節の花木を色々と

気が付けば秋になっていました。 鹿を描いていると奈良へ行ったことを思い出しました。数年前に正倉院展を見に何度か行ったのですが、奈良もいいところですね。 正倉院展で展示されていた宝物は、文様など緻密な意匠がほどこされているものや、他では見たこ…

病魚もなかよく

3匹とも元気です。1匹病気でひっくり返っていますが…。相変わらずカメラを向けるとカメラ目線のだるま(手前)と、カメラが怖くて逃げるつくも(奥)、そして転覆しながらも懸命に生きるこつぶ(左下)。 こんな感じですが、左のこつぶも生きています。 だるま(真…

記憶の光

少年の内側からあふれでる記憶の光、というイメージです。スケッチに彩色して一枚もののイラストに仕上げました。

月飾り

月と花をモチーフにした装飾品です。以前描いていた下絵に色を塗りました。図書館にこのモチーフと似た表紙の本があるので、よければ探してみてください^^ 少し前にようやく、描いたものがイラストとスケッチを合わせて10枚を超えました。休日に水彩紙を買い…

ペンギンじゃらし

あいぼう、あらわるの続きです。図書館の回廊でペンギンじゃらしをする少年と、魚につられる相棒のペンギン。少年の顔つきが少し変わりましたが、描き終えました。

赤斑病になった金魚

金魚のこつぶ が赤斑病になりました。体表が赤くただれたようになる病気です。最近転覆して浮いていることが多かったのと、フィルターが汚れていたことも原因かもしれません。フィルター掃除と換水をして、現在は0.5%塩水浴をしています。こつぶは長らく転覆…

あいぼう、あらわる

読書をする少年の続きで、相棒のペンギンがやってきた、の図です。細かいイラストなので、ズームしてみます。 ペンギンです。図書館にいる少年を追ってきたようです。全体図の中には、ペンギンの本が1冊置いてあります。簡単なので、よければ探してみてくだ…

読書にふける

最近、空いた時間に本を読んでいました。フランス小説、日本の小説、児童書。色々と手に取ってみました。中でも良かったのが、ミヒャエル・エンデの『モモ』。 モモ (岩波少年文庫(127)) 作者: ミヒャエル・エンデ,大島かおり 出版社/メーカー: 岩波書店 発…

L字ファスナーのシンプルな財布

L字ファスナーのシンプルな財布を作りました。お札と小銭が入るポーチのようなものです。丈夫な綿麻生地を使用。 中は生成の綿麻生地で、薄いキルト芯をはさんでミシンキルティングしています。20cmファスナーとはぎれ2枚で簡単に出来上がりました。

リバティのラミネート生地でプチギフト

リバティのラミネート生地(Betsy)でプチギフトを作りました。母にリクエストされていたもので、スマホケースにポーチ、コースターです。今日作り終えて、まとめてプレゼントしました。 以前A4サイズが入る切り替えデザインのバッグをこの生地で作ったのです…

3年目のラベンダー

ラベンダーの穂を収穫しました。種まきから3年目です。例年より開花が早く、梅雨前の今日すべての穂を収穫し終えました。いつも収穫は7月頃だったと思うのですが、今年は急に暑くなったからでしょうか。ぐんと気温が上がって花もあわてて咲いたのかもしれま…

梅雨前の金魚たち

久々の金魚です。相変わらず3匹いて、それなりに元気にしています。左からこつぶ 、だるま 、奥のちっちゃいのはつくも です。 こつぶ は1月に転覆してから今も半転覆状態です。ひっくり返って浮く、ひっくり返って沈む、ふらついた泳ぎ、正常を繰り返してい…

ポートレート

女性を描きました。久々に人を描くとなかなか難しかったです。なんだか古めかしい雰囲気になりましたが、舞う花びらと合わせて完成。今度人を描くなら、おじいちゃんや子供もいいなと思います。

花摘み

このところ、庭では次から次へと花が咲いています。山際では鳥の鳴き声がしっとりとした澄んだ空気に響いて、この季節は目からも耳からも癒されます。 少し前に庭の花を一輪摘んで描いてみました。好みの色彩でざっと塗りましたが、また今度花を描くときは花…

ポケットティッシュケース 2

パステルカラーの生地でポケットティッシュケースを作りました。優しくてふんわりとした色合いが穏やかな今の季節に合いそうです。裁縫では布の風合いや色合い、人や生き物は表情や言葉など様々ですが、どこか優しい雰囲気のするものに接するとほっとするこ…

ポケットティッシュケース

ポケットティッシュケースを作りました。ecru(エクリュ)さんのレシピを使用。爽やかなブルー地にローズ柄のものと赤いレース柄を合わせました。 ふたを開けると、こんな感じでティッシュケースが現れます。 ケースの裏はポケットになっています。 以前自分用…

金魚水景のタペストリー

金魚のパッチワークキルトを作りました。ひと月かけてちくちくしていましたが、ようやく完成。 生地はレトロポップな柄とオーロラのようなぼかし柄を合わせて、明るくて可愛らしい雰囲気に仕上げました。裏地は優しい色合いでピンクベージュのレース柄です。…

白い月

昼の空に白い月と白い蝶。週末に見た光景で、澄んだ空に白いシルエットが綺麗でした。月の佇まいは上に描いたよりもっとうっすらほんのりとそこにある感じでした。suggestという単語のニュアンスに近いかもしれません。 This stroke of the brush here sugge…

とり

Peacock Blue

Peacock Blueという色を気に入っていてよく使います。昼間の爽やかな青い空と南国の海のエメラルドグリーンとの間くらいの色で、鮮やかな水色です。上はその色を使って描きました。

金魚のスケッチ

うちの金魚を描いてみました。いつも水の中をひらひら泳いでいます。 あじさいと合わせてみました。

新緑の季節

花開くのはまだ先ですが、新芽が出てきているあじさいです。花を描いていると、やっぱり花好きだなと思います。これからの季節は新緑が鮮やかで綺麗なので、緑を見ることも少し楽しみです。 近頃パッチワークが煮詰まっていたので、ちょこっとスケッチしてひ…

水草終章

アナカリス、バナナプラント、ハイグロフィラポリスペルマ…侘び草に数々の浮き草…思えば次々と水草を金魚水槽へ入れてきました。どの水草もはじめはとても綺麗に水景を演出してくれたのですが、何せ環境が無添加で無加温の水槽。次第に衰退していきました。 …

花のスケッチ

久々に描いた花のスケッチを並べてみました。花は見ても描いても、癒される気がします。

蝶の刺繍リメイクキルト

幼稚園で着ていたスモックをパッチワークでリメイクしました。蝶の刺繍部分がスモックだった生地です。周りのパッチワーク部分と裏地には、ケイト・グリーナウェイの生地を使いました。 大きさは40cm角で、テーブルセンターになります。何となく思い入れがあ…

フレンチテイストの小さな巾着

小さな巾着を作りました。うねうねごろごろさんのレシピを使用。 生地はyuwaのサボンラベル柄とmodaのFrenchGeneral、タグもフランス語でフレンチテイストに仕上がりました。 底は細長い生地を接いで作っています。手のひらに乗るほどの大きさで、四角でころ…

ポプリ作り

ポプリを作りました。中には昨年収穫したラベンダーが入っています。ネイビーの花柄生地(Tilda)にドット柄のコットンリボンを合わせて、仲良く3つ並べました。

春の大掃除

春の兆しが見えはじめるこの頃。金魚水槽では、本格的に暖かくなる前に大掃除(床直し)をしました。水槽内はコケクロスできれいに磨き、底砂はタライに移してカルキ抜きした水で細かいゴミなどを洗い出し、フィルターとアヌビアス・ナナについたコケは適度に…

コーヒーメーカーカバー 2

コーヒーメーカーカバー2枚目を作りました。 今回も四角つなぎのパッチワークで、19世紀イギリスの挿絵画家、ケイト・グリーナウェイの絵柄生地(Lecien)を使ってみました。裏地は前回と同じ花柄ストライプの先染め生地で、サイズは55cm角です。 ピンク×生成×…