petit log

金魚飼育とパッチワーク作り、水彩スケッチ

petit log

L字ファスナーのシンプルな財布

L字ファスナーのシンプルな財布を作りました。お札と小銭が入るポーチのようなものです。丈夫な綿麻生地を使用。 中は生成の綿麻生地で、薄いキルト芯をはさんでミシンキルティングしています。20cmファスナーとはぎれ2枚で簡単に出来上がりました。

リバティのラミネート生地でプチギフト

リバティのラミネート生地(Betsy)でプチギフトを作りました。母にリクエストされていたもので、スマホケースにポーチ、コースターです。今日作り終えて、まとめてプレゼントしました。 以前A4サイズが入る切り替えデザインのバッグをこの生地で作ったのです…

3年目のラベンダー

ラベンダーの穂を収穫しました。種まきから3年目です。例年より開花が早く、梅雨前の今日すべての穂を収穫し終えました。いつも収穫は7月頃だったと思うのですが、今年は急に暑くなったからでしょうか。ぐんと気温が上がって花もあわてて咲いたのかもしれま…

梅雨前の金魚たち

久々の金魚です。相変わらず3匹いて、それなりに元気にしています。左からこつぶ 、だるま 、奥のちっちゃいのはつくも です。 こつぶ は1月に転覆してから今も半転覆状態です。ひっくり返って浮く、ひっくり返って沈む、ふらついた泳ぎ、正常を繰り返してい…

ポートレート

女性を描きました。久々に人を描くとなかなか難しかったです。なんだか古めかしい雰囲気になりましたが、舞う花びらと合わせて完成。今度人を描くなら、おじいちゃんや子供もいいなと思います。

花摘み

このところ、庭では次から次へと花が咲いています。山際では鳥の鳴き声がしっとりとした澄んだ空気に響いて、この季節は目からも耳からも癒されます。 少し前に庭の花を一輪摘んで描いてみました。好みの色彩でざっと塗りましたが、また今度花を描くときは花…

ポケットティッシュケース 2

パステルカラーの生地でポケットティッシュケースを作りました。優しくてふんわりとした色合いが穏やかな今の季節に合いそうです。裁縫では布の風合いや色合い、人や生き物は表情や言葉など様々ですが、どこか優しい雰囲気のするものに接するとほっとするこ…

ポケットティッシュケース

ポケットティッシュケースを作りました。ecru(エクリュ)さんのレシピを使用。爽やかなブルー地にローズ柄のものと赤いレース柄を合わせました。 ふたを開けると、こんな感じでティッシュケースが現れます。 ケースの裏はポケットになっています。 以前自分用…

金魚水景のタペストリー

金魚のパッチワークキルトを作りました。ひと月かけてちくちくしていましたが、ようやく完成。 生地はレトロポップな柄とオーロラのようなぼかし柄を合わせて、明るくて可愛らしい雰囲気に仕上げました。裏地は優しい色合いでピンクベージュのレース柄です。…

白い月

昼の空に白い月と白い蝶。週末に見た光景で、澄んだ空に白いシルエットが綺麗でした。月の佇まいは上に描いたよりもっとうっすらほんのりとそこにある感じでした。suggestという単語のニュアンスに近いかもしれません。 This stroke of the brush here sugge…

とり

Peacock Blue

Peacock Blueという色を気に入っていてよく使います。昼間の爽やかな青い空と南国の海のエメラルドグリーンとの間くらいの色で、鮮やかな水色です。上はその色を使って描きました。

金魚のスケッチ

うちの金魚を描いてみました。いつも水の中をひらひら泳いでいます。 あじさいと合わせてみました。

新緑の季節

花開くのはまだ先ですが、新芽が出てきているあじさいです。花を描いていると、やっぱり花好きだなと思います。これからの季節は新緑が鮮やかで綺麗なので、緑を見ることも少し楽しみです。 近頃パッチワークが煮詰まっていたので、ちょこっとスケッチしてひ…

水草終章

アナカリス、バナナプラント、ハイグロフィラポリスペルマ…侘び草に数々の浮き草…思えば次々と水草を金魚水槽へ入れてきました。どの水草もはじめはとても綺麗に水景を演出してくれたのですが、何せ環境が無添加で無加温の水槽。次第に衰退していきました。 …

花のスケッチ

久々に描いた花のスケッチを並べてみました。花は見ても描いても、癒される気がします。

蝶の刺繍リメイクキルト

幼稚園で着ていたスモックをパッチワークでリメイクしました。蝶の刺繍部分がスモックだった生地です。周りのパッチワーク部分と裏地には、ケイト・グリーナウェイの生地を使いました。 大きさは40cm角で、テーブルセンターになります。何となく思い入れがあ…

フレンチテイストの小さな巾着

小さな巾着を作りました。うねうねごろごろさんのレシピを使用。 生地はyuwaのサボンラベル柄とmodaのFrenchGeneral、タグもフランス語でフレンチテイストに仕上がりました。 底は細長い生地を接いで作っています。手のひらに乗るほどの大きさで、四角でころ…

ポプリ作り

ポプリを作りました。中には昨年収穫したラベンダーが入っています。ネイビーの花柄生地(Tilda)にドット柄のコットンリボンを合わせて、仲良く3つ並べました。

春の大掃除

春の兆しが見えはじめるこの頃。金魚水槽では、本格的に暖かくなる前に大掃除(床直し)をしました。水槽内はコケクロスできれいに磨き、底砂はタライに移してカルキ抜きした水で細かいゴミなどを洗い出し、フィルターとアヌビアス・ナナについたコケは適度に…

コーヒーメーカーカバー 2

コーヒーメーカーカバー2枚目を作りました。 今回も四角つなぎのパッチワークで、19世紀イギリスの挿絵画家、ケイト・グリーナウェイの絵柄生地(Lecien)を使ってみました。裏地は前回と同じ花柄ストライプの先染め生地で、サイズは55cm角です。 ピンク×生成×…

きんぎょ生活 No.3

今年も購入しました。紙面のデザインが春らしくかわいらしい雰囲気です。 品評会の図録に、養魚場特集に金魚アート・・・一冊で金魚を幅広く楽しめる内容で、金魚好きには嬉しい内容でした。 養魚場特集でとても美しい金魚を写真で見ることができるのと金魚…

コーヒーメーカーカバー

パッチワークでコーヒーメーカーのカバーを作りました。四角つなぎで花柄がたくさん。裏地も花柄ストライプです。 大きさは55cm角で縁にはレースを飾りました。もうすぐ春のこの季節にぴったりのさわやかな色合いに仕上がりました。 カバーということでキル…

うっすら青水

3月になりました。春はまもなくです。 少し前から金魚水槽の飼育水はうっすら青水になりました。一番寒い時期が過ぎ水温もゆっくりと上がってきたので、暖かい日には金魚たちにもえさをちょこちょこ与えています。 ヒカリ (Hikari) アイドル〈特小粒〉 300g …

パッチワークポーチ

余ったファスナーがあったので、ファスナーポーチを作りました。ブラウンとアイボリー、表と裏で色違いにしました。薄めのキルト芯が入っているのでふんわりしたさわり心地のポーチです。 今回はミシンで仕上げました。少しずつではありますが丁寧な仕上げを…

カテドラルウィンドウ

カテドラルウィンドウ(大聖堂の窓)のパッチワークです。Quilt furniture Qufu さんのレシピを見ながら、エスニック風の生地(moda Pondicherry)を使って作ってみました。 ベースは生成りの綿麻で、やわらかく肌触りがいい生地です。モチーフの端が4つ集まる点…

転覆もよう

2月に入り7℃付近まで水温が下がることも多くなりました。こちらは転覆している金魚のこつぶです。 ↑ 撮影中にカットインしてきただるま。こつぶ は1月に沈んだままひっくり返ってから1週間ほど塩水浴をして改善しましたが、水槽へ戻ると再び転覆するので水槽…

幾何学パッチワーク

2作目は幾何学形にパッチワーク。落ち着いた色合いの素敵なカットクロス(yuwa)は、Quilt furniture Qufu さんで購入。 2月8日完成しました。テーブルセンターにもなりますが、ノートPCのマット&カバーとして使っています。パッチワークはまだまだ練習中です。

四角いパッチワーク

手持ちの布でパッチワークをはじめました。基本の四角形で小さな布を縫い合わせていきます。パッチワークは手がかかる分、作る過程を楽しめるのが良い気がします。

金魚飼育1年

今日でちょうど金魚を飼いはじめて1年がたちます。1年を通して金魚を飼ってみると、思いのほか表情が豊かでペットとして飼うには可愛い生き物だということがわかりました。この頃水温は10℃前後を推移していますが、1月に入り、だるまとこつぶの2匹が底でぽて…

月刊 金魚仲間

フリーペーパーの金魚情報誌、『月刊 金魚仲間』を先日ようやく手に入れました。先に刊行されていた『月刊 らんちゅう』を数冊手に取る機会がありましたが、初心者として金魚を飼育していると得難い飼育に関する専門知識も載っており、興味深く読んでいまし…

消化不良、その後

消化不良でバケツ生活をしていた金魚のだるまですが、 11月半ばには、底砂をついばみ水槽の中を元気に泳ぐようになりました。日をさかのぼり、ひと月前の10月半ば。だるまはエサを食べてもフンが全く出ず水槽の底で動かなくなっていました。すぐに0.5%塩水浴…

白い線虫

小さなかすり琉金、つくもを購入したのは8月半ば。家に持ち帰ってしばらく飼っているうちに、体の表面7ヶ所ほどに長さ1mmの白い線のようなものを見つけました。 付着の様子からして線虫…寄生虫のようです。金魚に寄生虫、形からしてイカリムシを疑いました…

シンクロ

くるっ くるっ すいー すいー

バケツ金魚

消化不良の症状がでており、数日前から再び琉金だるまの治療をしています。どうやら慢性で治るかはわからない状態なのですが、今のところは塩水の中で元気に過ごしています。 ところかわって水槽では・・・ 琉金こつぶが泳いでいます。ひと夏を終えて大きく…

幾何学金魚

金魚の記録をつけている小さなノートを、包装紙とマスキングテープ、のりで簡易装丁しました。柄は幾何学模様の金魚。数年前に香港のデザインショップで購入した包装紙です。のりで貼り付けたので少しシワシワですが、金魚をより身近に感じることができるノ…

30cm→45cm

8月、夏。手狭になってきた30cm小型水槽にかわり、新たな水槽を設置しました。 新たに設置したのは、45cm水槽ハイタイプ。フレームレスで見た目もすっきりきれいです。3匹目のかすり琉金(右側奥)を購入する前に設置しました。金魚たちが広い場所で悠々と泳い…

小さな仲間

8月下旬。夏も終わりの頃、水槽に新たな仲間が加わりました。 かすり琉金です。5cmほどの小さい金魚ですが、先住の金魚に負けないくらい元気に泳ぎ回っています。 小回りのきく体でびゅんびゅん泳ぎ、エサ取りもお手のもの。誰よりもほかの金魚や人間になつ…

そわそわ

「えさはまだですか?」

金魚の血便

消えない白点で治療していた琉金こつぶですが、その後、鮮血混じりと思われるフンを出すようになりました。血便らしきものを確認してから2日目に0.5%の塩水浴をして、水作エイトのウールマットをもみ洗いしました。血便ということで内臓が弱っていると思われ…

消えない白点

左:琉金のだるま 右:同じく琉金のこつぶ5月から6月にかけて、琉金1匹(こつぶ・8cm程)の尾ひれに白点*1が現れました。治療用の容器に0.5%塩水を用意しその金魚を入れました。4、5日すると白点が消えたので水槽に戻したのですが、翌日にはまた白点が体表…

成長期

金魚の飼育をはじめてもうすぐ5ヶ月。金魚たちも日々成長しています。 Before 2016/2/4 飼い始めて半月 カメラ目線の琉金、だるま。 ↓ After 2016/5/28 4ヶ月 まんまるに太りました。からだは大きくなりましたが、今日も愛嬌たっぷりに泳いでいます。

ラベンダーのポプリ

ラベンダーのポプリを作りました。5月下旬から収穫したラベンダーを乾燥させたものを、余り布と余りリボンで包んでみました。はじめてのポプリ作り。花穂の乾燥が上手くいかなかったのか、ラベンダー本来のいい香りが出ませんでした・・・。エッセンシャルオ…

水槽リセット

飼育水の白濁りが消えないので、水槽をリセットしました。 殺風景ですが、水が透き通ってすっきりきれいになりました。水槽、砂利と投げ込みフィルターは洗って1、2日かけて日光消毒、フィルターのウールも新品に交換しました。水槽を洗って干している間、…

常温生活はじめました

水温は20℃前後。 うちの金魚たちも常温生活をはじめました。

スミレのたね

スミレのたねを採取しました。この冬は暖冬だったので、いつもより野花がたくさん咲いています。山野草の種を自然採取して苗づくりをするのもいいかもしれません。庭ではスズランやツツジが咲きかけています。春先から梅雨どきにかけての草花や木の緑はみず…

びゅいーん

きんぎょ生活 No.2

発売から大分遅れて手に取ることになりましたが、きんぎょ生活No.2を読みました。 きんぎょ生活No.2 出版社/メーカー: エムピー・ジェー 発売日: 2016/02/29 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 品評会の図録メインの紙面でしたが、飼育初心者にも楽…

金魚の春

金魚の春は病気の春なのでしょうか…。琉金のだるまが水カビ病になり薬浴していました。1週間の薬浴後、大分良くなったので水槽へ戻しました。 結構なかよしな二匹。春になり金魚のフンが長くなりました。ヒーターを使って飼育しているので水温は変わらないの…

よもぎの若葉

春らしい陽気の中、足元によもぎの新芽を見つけました。よもぎの柔らかい若葉はいい香りがします。 摘み取ったよもぎ。半分はネットに入れてお風呂に浮かべて薬草湯に。残りの半分は干しネットに並べ、乾かしてお茶にします。冬から春になり草花が芽吹きはじ…