petit log

水彩スケッチと金魚飼育ときどきパッチワーク

petit log

冬の金魚たち

12月も半ば、水温も10℃台まで下がりました。水槽は1度掃除しましたがまた苔が付き始めました。右で仁王立ちしているのはだるまです。つくもはアヌビアス・ナナの後ろにかくれんぼ、いちばん元気に泳ぐのは今年新入り左の2匹です。 この画面には3匹の金魚がい…

チラ見する金魚

葉っぱのかげからチラッ。琉金のだるまです。水槽が汚くてすみません。17℃あった水温が今朝一気に13℃まで下がりました。金魚たちの冬眠も間近といったところでしょうか。ついでに飼い主も体調不良により学生をやめることになり、金魚と一緒に冬眠しようかと…

動かざること小山の如し

かすり琉金のつくもですが、泳ぐとでんぐり返しをするので休んでいることが多くなりました。小山のようにちょこんと底で休んでおります。

真っ赤な金魚

通算5匹目の金魚です。飯田産の真っ赤な更紗琉金。金魚屋さんでかわいくて買ってしまいました。 他の金魚はこんな感じです。前回迎えた小さな金魚(右)は平賀養魚場産でした。 水槽全景。少し青水でガラス面にはコケが生えています。左手前のだるまだけは…

金魚のヒレ裂け

写真はないのですが、9月初めに金魚 (だるま)のみヒレが裂けていました。裂けていた場所は尾びれ数か所に1cmほどの切れ目と、背びれにもちょこちょこ。 対処→水換えを2日に分けて20リットル行う(いつもは週1回10リットル) ついでに水作エイトコアS×1のフ…

ちょこん

ちょこんと金魚。正面から。 葉っぱを頭の上に乗せて休むのが好きな金魚です。

掃除しました

最近の3匹です。久々に少し力を入れて掃除しました。掃除後なので少し飼育水は濁っていますが、3匹とも元気に泳いでいます。 金魚飼育をはじめて3年目。バクテリアの状態が良いようで、最近はフンなどが粉々の泥状に分解されています。飼育水もうっすら青水…

3年目の夏、金魚模様

久しぶりにブログを書きます。 水槽は綺麗とは言えませんが、金魚たちは病気もせず元気に暮らしています。週1回の水換えと、エサは主にアイドルと時々赤虫を与えています。水槽の上にはマツモをがさっと投入していて、草はいつでも食べてください状態です。 …

黄色い花

黄色い花のスケッチです。この春から社会人学生になり、家では予習復習の毎日になりますが、時々スケッチもしたいと思っています。 金魚たちは変わらず元気に水槽を泳いでいます。

フローラルなメガネケース

フローラルテープを使ったメガネケースを作りました。キルト芯を入れてふんわり仕上がりました。 生地はルシアン、フローラルテープはMOKUBA。20cmファスナーを使用。レシピはこちらを参考にしました。

青水になりました

飼育水が青水になりました。日に日に濃くなっています。青水を食べているのでしょうか、金魚たちは口をぱくぱくさせることが多くなりました。あくびもよくしています。 上は便秘気味の琉金だるま です。最近は金魚のおなかにやさしいエサを与えるようにして…

春色のカバー

水筒カバーを作りました。 グレーやピンクの生地をつなぎ、ひもは余っていたバイアステープを使いました。ひもは端を結べば持ち手になり、リボン結びすれば飾りにもなります。 生地はYUWAとLECIENのものを使っています。久々のパッチワークでしたが、形にで…

きんぎょ生活 no.4

今年も『きんぎょ生活』を購入しました。 まだすべてには目を通せていないのですが、深堀隆介さんやご活躍されているアーティストさんの金魚アートを紙面で見ることができたのが、かなり良かったです。アートでつながる金魚というのも素敵ですね。 個人的に…

青水の中の金魚

青汁…ではなく、青水の中を泳ぐかすり琉金です。古くなった絵の具を買い替えたことを機に、余った紙に描きました。 金魚たちは春になり気温が上がったので元気にえさを食べていますが、水槽の飼育水がまるで青汁のような青水になっており、もはや池のようで…

花園

四季の花を並べてみました。桜…チューリップ…ラナンキュラス…桔梗…百合…コスモス…バラ…水仙…スノードロップ…千両です。 金魚が遊びに来ました。

チューリップ

久々にスケッチしました。もう春ですね。色とりどりの花を眺めるのが楽しみな季節です。 チューリップを描いて小さなスケッチブックを1冊使い切りました。次はどんなスケッチブックまたは紙を手に取るか、紙選びもまた楽しみです。

3年目の春、大掃除しました

3月に入り暖かくなってきたので、金魚水槽の大掃除をしました。春は金魚が病気にかかりやすい気がするので、今年は早めに取りかかりました。↓掃除前の金魚水槽がこちら。 フィルターも水槽ガラス面もコケまみれです。↓掃除後の水槽がこちら。 底砂やフィルタ…

新たな金魚、小さな更紗琉金

小さい更紗琉金を購入しました。ひので と名付けました。 赤白半々の更紗模様で体長3cm、全長6cmほどの小さな金魚です。 新たな金魚が水槽にやって来ると、決まっておびえる先住の金魚たち。 おびえていたのち、えさにつられて出てきただるま。新顔のひので …

金魚飼育2年

金魚を飼いはじめて2年がたち、金魚飼育は3年目に入りました。 金魚たちは冬眠しながらも、暖かい日には元気にえさを欲しがる場面も見られます。1年目の経験から、2年目秋にえさの量を控えめにしたことが幸いしたのか、いま金魚水槽の水温が6~7℃と1年間で1…

小旅行

久々に日帰りで京都へ行ってきました。みやこめっせで開催された「文学フリマ京都」へ行き、会場で凪野基さんにお会いしてイラストを使っていただいた小説『双つ海に炎を奏で』の完成本を受け取りました。 携わった作品が品物として出来上がった姿を見るのは…

犬と花と

あけましておめでとうございます。今年は戌年ですね。ということで、犬を描きました。希望に満ちた表情の犬と季節の花々です。今年も良い一年となりますように。

2017年、金魚納め

2匹になった金魚たちは気ままに冬眠しています。2匹になっても飼い主にとっては変わらずかわいいです。 2016年1月からはじめた金魚飼育もはや2年。1年目はひと通りアクア用品を揃えましたが、2年目はわずかなエサと水草を購入しただけで光熱費(ヒーターなし…

双つ海に炎を奏で

表紙イラストを描かせていただきました。凪野基(なぎのもとい)様の小説『双つ海に炎を奏で』です。恋愛ファンタジー小説。1/21(日)文学フリマ京都で新刊として販売されます。『双つ海に炎を奏で』試し読みはこちらから↓ 夏にイラストのご依頼をいただいて…

感謝の気持ち

金魚の介護にコメントや☆を下さった皆さま、ありがとうございました。今朝、琉金のこつぶ が亡くなりました。 転覆してから11ヶ月、直接の原因は水カビ病だと思います。この金魚は購入当初から転覆の兆候があり、先が長くないことはわかりながら育てていまし…

金魚の介護

琉金のこつぶ がいよいよ平行移動も難しくなり、寝たきり状態になりました。他の金魚につつかれないように、そしてエサを食べさせやすいように、水槽にかごを設置して一匹部屋を作っています。ここ1週間ほどはエサも食べてフンも出てひと安心。水槽に近づく…

深まる秋と金魚模様

久々のブログ記事ですが、秋深まり、金魚たちもまずまず元気です。 だるまとつくもは元気いっぱい、こつぶは半分寝たきりながらもエサはほしがって食べています。こつぶは転覆病を発症してから10ヶ月。生きている限り見守ろうと思っています。 今年は秋冬用…

読書の秋

春と秋は、飲み物と本を持ってベランダに出ます。ベランダからは緑が見えてちょっとした森林浴になりそれが気に入っています。 先日読んで良かったのが、『ツバキ文具店』。手紙好きにはたまらないストーリーで、代筆屋であるツバキ文具店の店主、鳩子が織り…

季節の花木を色々と

気が付けば秋になっていました。 鹿を描いていると奈良へ行ったことを思い出しました。数年前に正倉院展を見に何度か行ったのですが、奈良もいいところですね。 正倉院展で展示されていた宝物は、文様など緻密な意匠がほどこされているものや、他では見たこ…

病魚もなかよく

3匹とも元気です。1匹病気でひっくり返っていますが…。相変わらずカメラを向けるとカメラ目線のだるま(手前)と、カメラが怖くて逃げるつくも(奥)、そして転覆しながらも懸命に生きるこつぶ(左下)。 こんな感じですが、左のこつぶも生きています。 だるま(真…

記憶の光

少年の内側からあふれでる記憶の光、というイメージです。スケッチに彩色して一枚もののイラストに仕上げました。