petit log

金魚飼育とパッチワーク作り、水彩スケッチ

petit log

3年目のラベンダー

ラベンダーの穂を収穫しました。種まきから3年目です。
例年より開花が早く、梅雨前の今日すべての穂を収穫し終えました。
いつも収穫は7月頃だったと思うのですが、今年は急に暑くなったからでしょうか。
ぐんと気温が上がって花もあわてて咲いたのかもしれません。

穂を摘んでいると手元からいい香りがして、心地よい気分になります。
ベランダでプランター栽培ということもあり収穫量はそこまで多くはないのですが、ちょっとしたラベンダークラフトを作れるくらいは採れるので、毎年の楽しみです。

今年はポプリと入浴剤でも作ろうかなと思っています。

あ、ベランダでラベンダーってアナグラムみたいだ…。

梅雨前の金魚たち

久々の金魚です。相変わらず3匹いて、それなりに元気にしています。
左からこつぶ  、だるま  、奥のちっちゃいのはつくも  です。

こつぶ  は1月に転覆してから今も半転覆状態です。
ひっくり返って浮く、ひっくり返って沈む、ふらついた泳ぎ、正常を繰り返している状態で、エサは今のところ食べることができています。

こつぶは購入時から内臓が弱い傾向が見られ、方向転換する時につんのめってから体を倒して向きを変えることが多かったのですが、観察した限りではヒーターなしで冬を越えたことで転覆症状に発展した様子です。

1匹がこんな様子なので、水槽の環境はあまり変えないようにしています。
うっすら青水で緑色に曇った水槽の中に小さい金魚が3匹。
6月に入り水温も20℃を超えて、毎日元気に泳いでいます。
飼い主は3匹が水槽で気ままに暮らしてくれたらと思っています。

金魚の環境
【 水槽 】 45cmハイタイプ 45cm×30cm×36cm
【 金魚 】更紗琉金 10cm 2匹+7cm 1匹
【 濾過 】 水心SSPP-3S+水作エイトコアS×2 二股分岐
【 底砂 】 大磯砂 底が隠れる程度
【 一緒に育てている水草
   アヌビアス・ナナ プチ 新芽が出ました
   アヌビアス・ナナ 新芽が出ました
   アオウキクサ(金魚のおやつ)
   マツモ  
【 水温計 】ニチドウ マルチ水温計(デジタル)    
【 補足 】 常温(ヒーターなし)飼育    
       うっすら青水

ポートレート

女性を描きました。久々に人を描くとなかなか難しかったです。
なんだか古めかしい雰囲気になりましたが、舞う花びらと合わせて完成。
今度人を描くなら、おじいちゃんや子供もいいなと思います。

花摘み

f:id:petit3:20170515185851j:plain
このところ、庭では次から次へと花が咲いています。
山際では鳥の鳴き声がしっとりとした澄んだ空気に響いて、この季節は目からも耳からも癒されます。

少し前に庭の花を一輪摘んで描いてみました。
好みの色彩でざっと塗りましたが、また今度花を描くときは花らしいみずみずしい色合いも出せるといいなと思います。

ポケットティッシュケース 2

f:id:petit3:20170508154901j:plain

パステルカラーの生地でポケットティッシュケースを作りました。
優しくてふんわりとした色合いが穏やかな今の季節に合いそうです。

裁縫では布の風合いや色合い、人や生き物は表情や言葉など様々ですが、どこか優しい雰囲気のするものに接するとほっとするこの頃です。

ポケットティッシュケース

f:id:petit3:20170504151507j:plain

ポケットティッシュケースを作りました。ecru(エクリュ)さんのレシピを使用。
爽やかなブルー地にローズ柄のものと赤いレース柄を合わせました。


ふたを開けると、こんな感じでティッシュケースが現れます。

f:id:petit3:20170504151512j:plain

ケースの裏はポケットになっています。

f:id:petit3:20170504151520j:plain

以前自分用に作った時は、こちらのポケットに小ぶりの櫛を収納していました。
小さくて薄いものなら色々と入るので、ポケットがついていると何かと便利です。

f:id:petit3:20170504151532j:plain

さいごに小さな衛兵と一緒にパチリ。

金魚水景のタペストリー

f:id:petit3:20170429104732j:plain

金魚のパッチワークキルトを作りました。
ひと月かけてちくちくしていましたが、ようやく完成。

f:id:petit3:20170429110126j:plain

f:id:petit3:20170429113501j:plain

生地はレトロポップな柄とオーロラのようなぼかし柄を合わせて、明るくて可愛らしい雰囲気に仕上げました。裏地は優しい色合いでピンクベージュのレース柄です。

水草の間で金魚が泳いでいるイメージで、サイズはたて77cm×よこ55cm。

f:id:petit3:20170429104753j:plain

金魚のまわりのキルトラインは流水紋という文様です。
流れる水を表現した伝統文様で、着物や日本画などにも見られるものです。

f:id:petit3:20170429104138j:plain

少し描き方は違いますが、光琳の作品(左側のうねうね模様)にも描かれています。

f:id:petit3:20170429111719j:plain

4月は金魚のモチーフで何かを作ろうと考えて、こちらのキルトを作りました。
金魚のアップリケにキルトフープを使ったキルティング、バイアステープ作り・・・
初めてのことが多く苦戦しましたが、形にすることができてよかったです。

パッチワークや裁縫はまだまだ学ぶことが多いですが、少しずつ上達していけるといいなと思います。