petit log

水彩スケッチと金魚飼育ときどきパッチワーク

petit log

深まる秋と金魚模様

f:id:petit3:20171029170332j:plain

久々のブログ記事ですが、秋深まり、金魚たちもまずまず元気です。

f:id:petit3:20170501163416p:plainだるまとf:id:petit3:20170501163445p:plainつくもは元気いっぱい、f:id:petit3:20170501163430p:plainこつぶは半分寝たきりながらもエサはほしがって食べています。こつぶは転覆病を発症してから10ヶ月。生きている限り見守ろうと思っています。

今年は秋冬用に新たにエサを買いました。

f:id:petit3:20171029170741j:plain

『きんぎょのえさ 5つの力 胚芽』です。
胚芽のエサは低水温でも消化に良いと一般では言われているようです。

昨年の冬はロングセラーの『アイドル』を使っていました。こちらは野菜が入っていて消化に良く、他の高たんぱくのエサと食べ比べをして金魚のフンを観察しましたが、うちでは消化の良さを実感できました。 

秋口から金魚たちには冷凍赤虫を与えていたのですが、一番小さなかすり琉金のつくもに転覆の兆候が見えたのでやめました。

胚芽のエサを与えるのは初めてなのですが、金魚の体調に良く働いてこの冬は転覆金魚がでなければいいなと思います。

金魚の環境
【 水槽 】 45cmハイタイプ 45cm×30cm×36cm
【 金魚 】更紗琉金 10cm 2匹+7cm 1匹
【 濾過 】 水心SSPP-3S+水作エイトコアS×2 二股分岐
【 底砂 】 大磯砂 底が隠れる程度
【 一緒に育てている水草
   アヌビアス・ナナ プチ 夏に新芽や根も生えました。
   アヌビアス・ナナ 夏に新芽や根も生えました。
   マツモ(金魚のおやつ)
   カボンバ(金魚のおやつ)new
【 水温計 】ニチドウ マルチ水温計(デジタル)    
【 補足 】 常温(ヒーターなし)飼育    

読書の秋

春と秋は、飲み物と本を持ってベランダに出ます。
ベランダからは緑が見えてちょっとした森林浴になりそれが気に入っています。

先日読んで良かったのが、『ツバキ文具店』。
手紙好きにはたまらないストーリーで、代筆屋であるツバキ文具店の店主、鳩子が織り成す日常が描かれていて、今の時代に手紙を使うのも素敵だと思えるお話です。

ツバキ文具店

ツバキ文具店

 

f:id:petit3:20170510230018j:plain

作中には手紙を書くための素敵な文房具もでてきました。上は昔フランスで購入したカリグラフィ用のノートやペンケース、後で海外から取り寄せた飾り文字の本などです。

Melodies Graphiques - TresorParisien

パリにあるメロディーグラフィックというとても素敵なお店の記事。
文房具を扱う専門店で、私も以前旅行で立ち寄りとても良かったです。
後で紹介しているIL PAPIRO製のカードも置いてありました。

Papier Plus – La vie en Couleurs

こちらもパリにある紙もの専門店、パピエ プリュス。色とりどりのノートなどが置いてあります。昔はMarie Papier(マリー パピエ)という店名でした。

ilpapirofirenze.eu

IL PAPIRO(イル パピロ)というフィレンツェにあるお店。こちらは足を運んだことがないのですが、紙もの専門店でマーブリング模様など凝ったデザインのカードがあります。

いつもとは違う、特別な文房具を使って書く手紙もまたいいかもしれません。

読書の秋とも言われますが、涼しく心地よい秋に本を読むと気持ちも休まります。
この秋、またお気に入りの1冊が見つかればいいなと思います。

季節の花木を色々と

f:id:petit3:20170913214316j:plain

f:id:petit3:20170913214329j:plain

f:id:petit3:20170913214339j:plain

f:id:petit3:20170913214356j:plain

気が付けば秋になっていました。

鹿を描いていると奈良へ行ったことを思い出しました。
数年前に正倉院展を見に何度か行ったのですが、奈良もいいところですね。

正倉院展で展示されていた宝物は、文様など緻密な意匠がほどこされているものや、他では見たことのない微妙な色合いの綺麗な石などもありました。
学生時代に奈良の方から正倉院展は見ごたえがあるからおススメだと伺っていたのですが、見に行ってとても良かったです。

www.narahaku.go.jp

体調を整えつつ、秋を少し楽しみながら過ごせるといいなと思います。

病魚もなかよく

3匹とも元気です。1匹病気でひっくり返っていますが…。
相変わらずカメラを向けるとカメラ目線のだるま(手前)と、カメラが怖くて逃げるつくも(奥)、そして転覆しながらも懸命に生きるこつぶ(左下)。

こんな感じですが、左のこつぶも生きています。

だるま(真ん中)が心配そうにこつぶ(左・転覆)に寄っていくことも多いです。単に臆病で他の金魚のそばに行きたがっているだけかもしれませんが…。

現在の水槽全景です。
水作エイトは茶ゴケに覆われていて、上には無造作にマツモが浮かんでいます。
つくも  はマツモをよく食べるので、フンが長くて健康的です。
こつぶ  は転覆していてほぼ平行移動ですが、食欲旺盛でえさも食べています。
毎週飼育水の1/3を換水していますが、転覆以外の病気もなく平和な金魚水槽です。

記憶の光

少年の内側からあふれでる記憶の光、というイメージです。
スケッチに彩色して一枚もののイラストに仕上げました。

月飾り

f:id:petit3:20170807162214j:plain

月と花をモチーフにした装飾品です。
以前描いていた下絵に色を塗りました。
図書館にこのモチーフと似た表紙の本があるので、よければ探してみてください^^

少し前にようやく、描いたものがイラストとスケッチを合わせて10枚を超えました。
休日に水彩紙を買い足したりもして、近頃また絵を描く楽しみを感じています。

*本さがし正解はこちら

ペンギンじゃらし

f:id:petit3:20170804144035j:plain

あいぼう、あらわるの続きです。
図書館の回廊でペンギンじゃらしをする少年と、魚につられる相棒のペンギン。
少年の顔つきが少し変わりましたが、描き終えました。